[掲示板に戻る]
スレッド表示 - No. 2552 -

カタログ購入について

[1] 投稿者:アリス 投稿日:2008/12/17(Wed) 20:10 No.2552  
始めまして。アリスと申します。
私は今回の冬コミがコミケ初参加なのですが、
皆さん「カタログは必読!」と言ってくださるんですが、
やっぱりカタログは購入しないとおけませんか?
[2] 投稿者:愁鋭 投稿日:2008/12/18(Thu) 01:17 No.2555  
結論から言うと、カタログの購入は必須ではありません。
カタログを「必ず買うこと」ではなく、「カタログに書かれている諸注意を必ず読むこと」が大切なのだと思います。
要するに「買え!」ではなく「読め!」が大切なのですね。
なので、コミケットの公式サイトで公開されている諸注意ページを読んだり、あるいはカタログを持っている友人のを見せてもらって頭に叩き込むのも方法ではあります。

…しかしながら、コミケは非常に大きなイベントですし、初参加となるといろいろと情報を仕入れる必要もあるかと思います。
ですので、一冊の値段は高いとは思いますが、カタログを一冊購入して、じっくり読んで下準備をしたほうが、コミケをより楽しむことが出来るのではないか?と考えます。
今はネットで様々な情報を仕入れることができますが、初参加ということであれば、やはり公式のカタログを一冊自前で用意して戦地に赴くのが賢明な楽しみ方ではないか?と私は愚考します。
ついでに言えば、カタログには諸注意やサークルの配置紹介ページのほかにもまんがレポート(まんレポ)やコミナビなどの文章が掲載され、読み物としてもなかなか楽しい内容となっております。

逆に、一番良くないのはカタログをろくすっぽ読まずにコミケに行ってトラブルを起こし、そしてその際の言い訳に「カタログ読んでないから」で逃げることでしょうか。


あと、コミケカタログの収益はコミケの今後の運営に関わってくるものなので、カタログを買うことはコミケの存続の手助けをしているということだとも考えられます。
[3] 投稿者:たまねぎ 投稿日:2008/12/19(Fri) 01:00 No.2559  
”「買え!」ではなく「読め!」”いい言葉だ。w
実際、私もそう思います。

前回だったか、カタログにあるモローさんのまんがで、
コミケが同人誌即売会であることを知らない方が会場に居たというのを読んで、
正直頭を抱えました。(実話だそうです。)、
今回のまんがには、私自身「そこからなのか!!」と突っ込みを入れたし。
とにかく、正しい知識を持って欲しい。

知らないと十分にコミケを楽しめないし、場合によっては他の方に迷惑をかけてしまいます。
せっかく楽しみに来たのに、自分も他の人も不快になったのでは台無しです。

愁鋭さんの言われるように、コミケは非常に大きなイベントです。
日に15、6万人の参加者が訪れ、1万数千のサークルスペースがあり、
それが3日間。下手な観光地よりも大変です。

旅行するにしても、旅先のことを調べ、当日はああしよう、ここに行こう等と、
予定をたてるように、今のうちに出来るだけ多くの情報を集めて、整理しておくと
いいと思います。

1万数千x3日間の内から、興味のあるところを当日見つけだすのは中々・・・。

カタログには参加者が最低限知っておく必要のある事が載っています。
以下、公式サイトの諸注意のアドレスです。
http://www.comiket.co.jp/info-a/
今回のカタログに載っている諸注意が、PDFファイルで丸々載っています。
カタログを手に入れる事が難しい場合は、チェックしてみて下さい。
因みに、紙にプリントアウトした方が読み易い気がします。

あと、まんレポは私も毎回楽しみにしていますので、お勧めです。
前回参加者のひとコマレポートです。前回の雰囲気を感じる事が出来ると思いますよ。
尚、冊子版のみで、CD-ROM版にまんレポは掲載されていないようなので注意です。
[4] 投稿者:ななっしー 投稿日:2008/12/19(Fri) 12:19 No.2561  
そーいや、某1000spクラスの即売会の入場口で、
前売りでシュリンクパックされた状態のカタログを掲げてた参加者がいたという、駄話を思い出した。
聞けば「スペース配置やマップは、ネットで調べられるから」だってさ。

主催者にとっては、注意のページがもっとも見てほしい所なんでしょうがねぇ。

閑話休題。
マンレポ、前回の掲載分ですが公式サイトに上げられています。
http://www.comiket.co.jp/info-a/MR/mr.html

カタログの売り上げにも絡むので、開催後・低解像度ですがw
でもこのタイミングで前号の内容が掲載されているというのはある意味ありがたいです。なぜなら夏のカタログには前回、つまり冬のレポートが掲載されているから。

冬コミでのノウハウを拾うには、非常に有用なコンテンツです。
[5] 投稿者:アリス 投稿日:2008/12/19(Fri) 20:08 No.2563  
そうなんですか!
本当にどうもありがとうございました。
早速カタログ買って、読みます!


処理 記事No パスワード

おなまえ ※:必須入力
Eメール
メッセージ
迷惑書き込み防止のため、画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数)
   
   
URL
パスワード (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色